実践ブック体験談:「お互いの得意なことを、褒め合いました!」

今日は日本在住のYさん、アメリカ在住のRさんからの体験談・感想をいただきましたので

ご紹介させていただきます。↓

お互いの得意なことを、褒め合いました!

こんにちは。年長さんの娘と二人で「中国の昔はなし・9人の兄弟」をハブルータしてみました。

5歳の娘なので読んで聞かせてあげて、質問も3つくらいに絞ってみました。

質問サンプルが沢山あるので、つい全部活用したくなるのですが、そこはぐっと我慢^^

娘が飽きない程度の時間(15~20分)くらいで完結するようにしています。

質問の中で「あなたが他の人よりも得意なこと、上手にできること」があったので、

家族全員の「得意なこと、上手なこと」をそれぞれ挙げてみました。

そして、最後に自分自身が考える「得意なこと、上手なこと」も発表。

5歳の娘の「家族に対する洞察力や表現力」にびっくりする時間でした。

親の私も、子どもに改めて「ママはこんなことが上手だよね~」と褒めてもらうと

なんだか嬉しくなります。

家族ハブルータの時間は、こういう「日常のちょっとした喜びや楽しみを発見・自覚」

できる時間なんだな~と思いました。

共働きを始めて忙しい日々、娘と向き合う貴重な時間

アメリカに住む日本人夫婦、4歳の娘一人の家族です。

最近私がパートを始め、娘も幼稚園に通いだしました。

毎日が忙しくてどんどん過ぎていく中、福山代表の創設報告会に参加し、

家族ハブルータ実践ブックを送ってもらいました。

アマゾン書籍や実践ブックにある「ハブルータの方法」を少しずつ

我が家でも実践しながら、対話を通して学んだことを日常生活でも

実践できるように努力しています。

親の声掛けが変わってくると、子どもの質問、疑問もどんどん増え、

また内容も深くなっていることを感じます。

忙しい毎日を送っていますが、ハブルータを通して娘と向き合う貴重な

時間をこれからも作っていきたいと思います。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。