自分を知ろう編・嫌になる時は⁉

家族ハブルータ実践ブック・兄弟編に日常会話の質問があります。

自分を知ろう編・問8

「自分自身が嫌になる時は、いつですか。」

考えてみた。自分自身とのハブルータ。

・・・・

子どもの頃、親が「あなたの為には、〇が良い」と、親の希望を押し付けられることに、うんざりしていた。

さて、

親になってみて、今の私は、どうなのだろう。

子どもの事を考えると、愛情があふれて

「良かれと思って」将来を勝手に描いてしまう。

根っこに「愛情」があるという理由だけで、提案をストレートにぶつけていいのだろうか?

「良かれと思って」やったことだから、悪気はないから、OKだろうか?

「良かれ・・」は、親自身のモノサシ。 子どものモノサシではない。

「良かれ・・」は、やはり「親の押しつけ」なんだろうなあ~。

経験値がある人間だから、子どものモノサシより価値があると言えるのだろうか? 

こどもが どんなモノサシで、世界を眺めているのか? 

子ども自身が望む未来は?

それを、親が知る・学ぶことから、始めないといけないのかもしれない。

「あなたは、どう思っている?」

「あなたが歩いて行きたいのは、どの道?」

遠くに見える事でも、今やりたい事でもどちらいい

子どもが動きたい方向を 知りたい。

明確ではないとしても、ぼんやりの希望を知りたい。

「良かれと思って~」を言い訳にする自分が、嫌になる。

まずは、自分が変わらなきゃ!

私は、子どもにどんな言葉を発するべきなのだろうか?

子どもが一歩を歩みだす勇気になる言葉は何なのか?

こどもの進みたい方向に、背中を押してあげられるのか。

考えていくしかない。ハブルータ!

親自身が自分を見つめる時間。

新しい自分になる為に。

・・・・

あなたも、新しい自分を見つけませんか?

「自分自身が嫌になる時は、いつですか」

自分を知ろう編・問25 チャレンジしてみてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。