自分を知ろう編・座右の銘⁉

家族ハブルータ実践ブック・兄弟編に日常会話の質問があります。

自分を知ろう編・問21

「あなたの座右の銘は、何ですか。」

考えてみた。自分自身とのハブルータ。

座右の銘というよりも、時々思い浮かんでくる言葉なのだが・・

君子は、和して同ぜず。小人は、同じて和せず。

(君子和而不同 小人同而不和)論語

「君子」と「小子」は、相対する言葉、できれば君子側に居たいけど

小子側に 立っているな~と感じるタイミングは 多々ある。

まっ、いいか~、で終わる時もあるし、

それが、世間を渡る技だと割り切る事もある

でも、なんだか、居心地が悪くて 自分自身を許せない気持ちを味わうこともある。

人間が集まると、様々に意見が分かれるのは当然のこと

声量の大きい人に引っ張られやすいのもわかる。

それでも、

その流れに乗っかりすぎないで、ちょっと空気を入れ替えることにチャレンジしてみる。

「違う視点で眺めてみようよ」「ほかのルートも調べてみようよ」

会議は長くなる。結論にたどり着けない。

でも、互いの想いを出し合って、理解するには、

「時間」と どのような意見も受け入れる「心の器」が必要になる。

そして何よりも、

「できない」って言ってもいいよという余裕・余白が必要かも。

その人を仲間外れにしないだけの相互理解で結ばれた信頼という「チーム力」が必要なのだと思う。

だが、現実は…

忙しい人ばかりいて、予定調和に進みたい人がいて、早い出来上がりが優秀とされてしまうと

紆余曲折、すったもんだ、二転三転、喧々諤々といった議論を楽しむ余地すらない。

日がな一日、空でもなかめながら、ゆるりと会話できる時間が欲しいなあ

好きなだけ語りあえる友が横にいる場面、空間が失われたのかなあ

なんて、思いにふけっている場合ではない。

「君子和して同ぜす」

この すがすがしい世界に たどり着きたいものだ。

あなたの座右の銘は?

自分を知ろう編・問21 チャレンジしてみてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。