自分を知ろう編・自叙伝!?

家族ハブルータ実践ブック・兄弟編に日常会話の質問があります

自分を知ろう編・問27

「あなたが、もし自叙伝を書くとすれば、本のタイトルは何にしますか?」

自叙伝を私が書くとすると、どんな内容になるのだろうか・・。

考えてみた。自分自身とのハブルータ。

内容は?

幼馴染、学びの友、職場の先輩、地域・PTAの方々

社会活動を続けた仲間と動いてきた時間

他界した夫のこと、四人の子どもたちのこと、

孫に出会えたこと

両親のこと。祖父母のこと。夫と繋がるご縁の方々のこと。

様々な出会いがあったことを綿々と書くものだろうか?

違う、気がするな~、

何の為に書くの??

誰が読む? いったい誰?

私が、大事にしている思い出は、本にしなくてもいい。

しっかりと胸にある、今も温かく感じられる。

そもそも、「自叙伝」の意味は?

自分の生立ち・経歴などを、ありのままに自分で書いたもの。自伝。

そうね~、ありのままには、書けない事・書いてはいけない事も きっとあるよね~

やっぱ、私には、無理だ~。

「過去と他人は、変えられない。」これが私の信条だもの(^^)!

未来をみて、自分を進化させるのが一番

がんばって生きてきた、それなりに生きてきた、楽しく生きてきた。

だから、これからもニコニコのびのび感謝して生きていたい。

問27に応えるとしたら…、

ページをめくっても白紙だけ。タイトルだけで十分かも。

本のタイトルは

「なんくるナイさぁ~、今日も生きてる、ありがとう!」

あなたの自叙伝のタイトルは?

自分を知ろう編・問27 チャレンジしてみてね 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。