絵本プロジェクト 『こうだったらいいな!』シリーズ10作配信できました Vol,1

ハブルータ仲間で、月に1回絵本ハブルータをしていました。
その中で出てくる皆さんの意見がとても面白くて、このまま終わってしまうのは勿体無い!と思いました。
ハブルータをしながら、

「このお話の本質は何だろう?」

「問題点は何だろう?」

「私だったらどうしただろう?」

「こんな後日談があったら面白いかも!」


そんな風に話がどんどん広がって『こうだったらいいな!』シリーズが出来ていきました。
絵本ハブルータを通して「絵本ってこんなに奥が深かったんだ〜」と気付かされます。
絵本ハブルータ、おすすめです!!

お話を作って発信したいと思ったのは、「世界一受けたい授業」を見ていた時の夫婦の会話からでした。

今、世の中で話題になっている本、良い影響を与えている本などが紹介されているのを見て、「世の中に良い影響を与えることのできる何かを、自分達にも創り出せたら良いよね」と夫がぽつりと言い、本当にそうだなぁと思いました。

私たちの子供の世代、孫の世代のために、社会がより良くなってほしいと願いますし、そうなるように努力し社会を耕すのは、大人の責任だと思います。

こうして私達の、「こうだったらいいな!」シリーズが、始まりました。

【ウサギとカメ】裏話

「ウサギとカメ」は、2作目として発表しましたが、実は、私たちが、初めて挑戦した作品です。

全てが手探りでしたので、とにかく時間がかかりました。

0から1を生み出すって大変なことですね。

実際、失敗や無駄が多かったですし、話もてんこ盛りで反省点だらけです。

でも、楽しく前向きに頑張るおばちゃん達の姿は、カッコいいと思いました。

制作過程のてんやわんやは経験値となって「はだかの王様」以降に活かされています。

ウサギとカメをYouTubeで見る

【はだかの王様】裏話

裏話同好会でハブルータをする準備のため、リビングで「はだかの王様」の絵本動画を観ていると、夫がやってきました。ちょっと関心を持ってくれたので、夫とハブルータをしてみました。『裸であることに気付いた王様は、その後どうなったと思う?』と夫に質問を投げかけたところ、
「王様は人間不信になってお城に引きこもる」と答えました。
「確かに、それもわからなくはないなぁ」と思いました。

後日、同好会でハブルータをした時、一人のママさんが、
「王様は可笑しくなって大笑いし、周りの人たちも大笑い、国中みんな大笑いした」とおっしゃいました。
夫と真逆の発想に、ハブルータの面白さを再発見しました。

自分の中になかった発想をきくと、「へぇー、そんな考えもあるんだ〜」と、心地よい刺激を受けて、脳が若返るような感じがします。健康にも良いかもしれないですね(^^)

そして、『はだかの王様』のこうだったらいいな!は、みんな笑ってハッピーエンドの展開になりました。
はだかの王様をYouTubeで見る

この先の作品についての裏話は、ホームページの絵本プロジェクトをご覧ください。下記に、そのほかの「こうだったらいいな!」の、作品も載せておきます。

町のネズミと田舎のネズミをYouTubeで見る

鳥の王さま選びをYouTubeで見る

酸っぱいぶどうをYouTubeで見る

アリとキリギリスをYouTubeで見る

3人のレンガ職人をYouTubeで見る

英語版・はだかの王様(The King has No Clothes)をYouTubeで見る

英語版・ウサギとカメ(The Rabbit and the Turtle)をYouTubeで見る

神様の像を運ぶロバをYouTubeで見る

はだかの王様・スペイン語字幕をYouTubeで見る

北風と太陽をYouTubeで見る

青い鳥をYouTubeで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。