三人で、はじめの一歩

ハブ研・日本支部長が、ご案内する「ハブ研」ならではの 研 究 内 容 紹 介   

2回目 はじめの一歩

3人の仲間から始まりました。

私たちは、2020年4月、福山ユリ先生のハブルータ6か月講座に参加しました。

ハブルータを通して、同じ題材、同じ質問でも、こんなこと考えておられるんだとか、

自分は気付かなかった、ペアの方の生き様まで見えるようでした。

驚きと感動の連続で、私たちは、いつの間にか距離が縮まっていました。

しかし、すべてオンラインです。

講座も終盤に差し掛かったころ、

自然と、これからも続けませんか?という声が上がり、

10月23日にはこの3人が、ユリ先生に指導を受けながら、準備をし、

コスモスチームが出発しました。

私たちは、いまだに直接会ったことがありません。

歳も、地域も、家族構成も、タイプも異なっています。

ただ一つ、ハブルータが大好きなことだけでした。

初めは、自信がなくって、3人で題材を決め質問を考え、

そして、ハブルータの為の、事前ハブルータをしました。

それは、半年くらい続きました。

ユリ先生のアドバイスは、本当に助かりました。

3か月後からは、当番を決めて、一人で題材を選び、質問を考え、

当日の司会進行すべてやってみようと決めました。

自然と、ルールができてきました。

  1.  当番は、全面的に任せよう。
  2.  しかし、正直に、当番の方から、協力要請が来たら、すぐに対応しよう。
  3.  迷ったら、やってみよう。
  4.  私たちは、リーダーを作らず、みんながリーダーシップを発揮しよう。
  5.  決めごとは、3人が一致したらはじめよう。

今も、このスタンスは変わっていません。

3人ともに「ハブ研」スタッフとして、楽しんでいます。

参考になると嬉しいです。

新しいチームを作られるときは、いつでもご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。