何を研究しているのか

ハブ研・日本支部長が、ご案内する「ハブ研」ならではの

研 究   紹 

初めまして😊

私は、この度、「日本ハブルータ教育研究会設立」において、

日本支部長という大それた名前を付けて頂きました。

しかし、今まで、色々なことを

「ハブ研」代表にお任せしたり、スタッフの方に頼ってきました。

なので、今回は、頑張ってご案内してまいります。

「日本ハブルータ教育研究会」は、

ハブルータを子育てに活かしたい!

ハブルータを楽しんで自分を磨きたい!といった願いのもと、集まりました。

名前にあるように「教育」「研究」は、

今後、家庭教育での活用はもちろん、様々な教育現場や企業、公共機関へ

ハブルータ学習法・対話法を拡散していくために必要だと考え、取り組んでいます。

自分たちで、企画し、それを実際にやってみながら、

良かったところ・改善するところを共有し、また、次のチャレンジへと駒を進めています。

まず簡単に、私の自己紹介を致します。

今年、還暦を迎えました。

福岡在住で、家族は、主人と娘3人です。

ハブルータのおかげで、家庭内での、対話が増え、充実しています。
毎日、何かしら、ハブルータの題材選びや、質問作りをしています。

脳が、活性化しているのか、毎日、とても楽しんでいます。

では、ご案内いたします。

今、「ハブ研」内での研究は、日々進化しています。

8名のスッタフは各自、何かしら、チームをつくったり、

どこかに所属したりしながら成長しています。

失敗もありました。途中で頓挫したのもあります。

ただ、これから、特にハブルータチームを立ち上げたいと思っておられる方に

少しでも参考になればと思って案内しています。

【初めてのチームを作った時の体験談】

  1. 3人の立ち上げチーム  はじめの一歩

【チャレンジ編・個人の研究・体験談】

  1. 親子ハブルータ(私と子ども編)
  2. 親子ハブルータ(私と父親編)
  3. 夫婦ハブルータ
  4. ママ友ハブルータ(2人)

【チャレンジ編・チームでの研究紹介】

  1. 親子と親子ハブルータチーム紹介 (4人)               
  2. 実践型ハブルータ・サクラチーム紹介(6人)
  3. ハブルータ同好会・コスモスチーム紹介(6人~8人)

【ハブルータをしながら生まれたプロジェクト】

  1. 絵本プロジェクトチーム
  2. タルムードチーム 

今回の企画は、5月6月で進めていきたいと思います。

これに関しては、皆様の、質疑応答をお待ちいたしております。

当HPのお問い合わせフォーマットをご利用ください。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。