ハブルータで「親育て!」

一人っ子で育った私は、一人っ子の夫と結婚しました。

結婚が遅かったので、結局一人っ子を産み育てた…こういう図になります。

息子は成人し、子育てと言える時期はもう終わりましたが、

子を育てることによって始まる「親育て」は全然終わってなくて課題が山積み。

私の親修行は孫育て、いえ死ぬまで続くんだろうなあと考えていた矢先、ハブルータに出会いました。

今まで何回も耳にしたことのある童話を改めてハブルータしてみると、

今まで気づきもしなかった内容が見えてくるのを体験しました。

それ以来、すっかりハブルータにはまってしまいました。

対話する相手がいるからこそ!質問があるからこそ!できる、この体験でした。

ハブルータというシステムにとても希望を感じました。

これは、教師や黒板の前に座っていれば享受できる受動的な学びでなくて、

自分を発動してこそ可能な積極的な学びなんだと思いました。

長い間、受動的な姿勢で学習する癖があったため、最初はこういう学び方に慣れず、

質問作りもしんどく、おっくうでした。

でもだんだんと自分が発動しながら、ハブルータを習慣化してみると....

どんどん対話が美味しくなるのです。

そして対話時間だけでなくて、私の生活の全てが美味しくなっていきました。

子育てをしていた頃に、ハブルータに出会いたかったなあと思います。

でも今ようやく、子供に向き合う「親らしいポジション」に付いた気がします。

これからもハブルータで「親育て」励んでいきます^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。