実践ブック体験談:「息子の本音を聴けました!」

今日は韓国にお住いのKさんから

「家族ハブルータ実践ブック」の体験談を頂きました。↓

こんにちは。我が家で昨日話した内容を、シェアさせていただきます。

最近、2歳上のお姉ちゃんとケンカをすることが多くなった、

息子(小3)と一緒に、実践ブック・兄弟編の「頭としっぽ」でハブルータしてみました。

息子がこのお話を選んだ理由は、「挿絵のヘビが気に入ったから」^^

掲載されているお話の水準が息子には丁度よかったようで、

特に難しい単語もなく、スイスイ読んでくれたました。

その後、質問サンプルを使ってすぐにハブルータをしてみました。

1番上の質問から、クイズを解くように親子で話してみました。

「へびが結局、死んでしまったのは誰の責任?」

「頭としっぽはそれぞれどんな性格だと思う?」など、想像の質問をした後に、

「あなただったら、どうする?」という質問もプラスしてハブルータをしました。

「もし、00(息子)が‘へびのしっぽ’の立場なら?」という質問に対しては、

「僕は、‘へびの頭’が好きなように、勝手にやらせる、じっとしてる」と答えるので、

私は内心「お姉ちゃんと自分の関係に置き換えているのかな~」と思いました。

そこで「00は、どうして最近お姉ちゃんとケンカが多いのかな?」

という日常生活の話に繋げてみました。

そうすると、ポロっと息子の本心が出てきました。^^::

「おねえちゃんってさ、いつも小言が多いんだ。

僕が、‘後でやろう’って思っていることを“早くやりなさいよ”って言われると、

イライラしてきて、話したくなくなるんだ…」とつぶやきます。

私は「そっか~、それが00が、他人から言われたら嫌な言葉なんだね、

それをお姉ちゃんにもちゃんと伝えたらいいかもね(イライラしたり、怒りながらでなく)」

そして、反対に「00が他人から言われて嬉しい言葉って何かな?」と聞くと、

「ママに、‘00のこと愛してるよ~’って言われること。抱きしめてもらうこと!

‘ニンテンドースイッチ1時間やっていいよ’って言われること!」とスラスラ出てきました。

「なんて単純で可愛い奴だな~」と私もつい笑顔になってしまいました。^^

男の子はなかなか自分の本音を口に出さないことが多いので、

こういう風に「お話を通して(説教地味ないで)ハブルータで本音を聞き出す」

ことはとても大切だなと思いました。

実践ブックの質問サンプルを使いながら、

普段の生活で「(子どもに)聞いてみたかったこと」も

加えながら、互いを理解し合える時間を持てるな、と思えたひと時でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。