はじめまして、ハブルータ!

きっかけは、友人との再会。 

「初めまして、ハブルータ!」

彼女の魅力、誠実さを知ってるから、何が彼女を引き付けているのか知りたくなった。

聞き慣れない呪文のような言葉 【ハブルータ】

好奇心が旺盛なのも手伝って…

まずは、やってみよう♪ 飛び込んでみた。

 

ハブルータをしていると

自身の体験を振り返ることができる。

互いにそれを語り合う。

子どもが同級生で、子ども会やPTAで同じ体験をしてきたから、

「あるある」 「だよね~」と共感したり

「え!それはないよ~」「まさか、そんなことが~あるの?」って新発見もあったり

再会までの十数年間の互いの生活を思いやったり、ねぎらい合う事もできた。

離れていたけど、同じ時代を過ごしてきた同志のような繋がりを感じる。

女性が、女性だからこそ、受け取ってしまう感情というのだろうか

私ひとりではなかったのだ。

子育てしてるからこそ見えてくる景色・不満・怒りなども・・・

私は、ひとりぽっちではなかった。

また、ハブルータしてみよう。

新しい私に出会いたい。

過去は、変えられないけれど、その時の我慢していた私に「よく頑張ったね」と言ってあげたい。

もっと早く気づいてあげられたら良かった。

あの時の私に「ごめんね。」って伝えたい。

私は、私自身を大好きでいたいと願う。

ありがとう!ハブルータ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。