2月22日創設集会 参加者の声①

<「なりたい家庭の姿」をハブルータで実現できそうです!>

今日はとても勉強になる、創設講演会に参加できて、感無量でした。

実は、前日(21日の夜)に、スマホ依存な夫に、私がキレてしまい、

泣きながら悶々と過ごしていました。

私たちは家族なのに夫も子どもたちも、求めているものが、

スマホかタブレットという現実が、苦しく悲しくなりました。

翌日に日本ハブルーター教育研究会の創設講演会に参加できて、

自分の前日の涙の意味がわかりました。

本当に、心から私が求めていた「家庭の姿」が明確になった、そう感じます。

私は、夫婦・親子間でお互いの対話が自然に起こる家庭を築きたかったんだ、と思い出しました。

講演会の夜に、福山先生制作の実践ブックの『親子編・はじめに』部分を、夫に読み聞かせたら

『ぜひ、一週間に一度、我が家でもハブルーターやろう』と言ってくれました。

本当に本当に、日本ハブルーター教育研究会の立ち上げ、そして実践ハンドブック等など、

全てに感謝感激です。

このハブルータとの出会いを与えて頂いたこと、そしてハブルータを実践し続けて、

形にしてくださった、皆様に感謝です。

これからも学びを深めるべく、教育講座に参加申し込みさせていただきたいし、

まずは1週間に1度、家族でハブルーター始めていきます。本当にありがとうございました。

<皆がスターになる創設報告会でした!>

福山先生の講演会という感覚で申し込んだのですが、講演者だけでなく、

司会者、日本支部代表者様はじめスタッフの方、

また講師との質問コーナーで質問された方々のお顔を拝見しながら、

皆様が今日のイベントの代表だと感じました。

キラキラと輝いていらっしゃり、皆様がスターのようでした。

最後にギャラリーで写した全体フォトもみんな輝いていました。とてもステキな集まりでした!

ということで、ただ誘われて参加しただけの私もスターになった気分でした。^^

<私もこんな親子になりたいと思いました>

日本支部長による、この会を立ち上げるまでの経過発表を聴きながら、

ハブルータへの思いが本当に熱くて、すごいなと思いました。

なによりも行動力、とても感動しました。

ハブルータは色んな実践を積み重ねていくことで、磨かれていくなと改めて感じました。

支部長の家庭のように、親子で、家族で、ハブルータを習慣化できたらいいなと思いました。

成人した娘さんとのやり取りの話を聞きながら、親とこういう風に話してみたかったと思いました。

振り返ってみると親とじっくり話をしたことってなく、すごくもったいなかったと反省しました。

我が家の子どもたちは4歳と1歳。

これから日々を過ごす中で、こんな親子になれるように、ハブルータを生かしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。