否定されない

ハブルーター、初めは聞き慣れないハブルーターという言葉に壁を感じていました。

でも、しだいにとても親切にやり方を解説して下さり、メンバーの方々が温かく迎えて下さり戸惑いが無くなっていきました。

アイスブレイクもとても楽しく、自分や家族を考えるきっかけになるものも多く恩恵深かったです。

絵本や絵画ハブルーターは、なかなかあげてくださった質問に答えが直ぐに浮かばず直前までドギマギしたこともありましたが、洗面所でピピッとインスピレーションがおりてきたこともあり刺激になりました。他のメンバーのとらえかたにハッとさせられた事もあり、様々な観点や角度から考えが拡がっていきました。

何を言っても否定されないという前提があるのでとても発言しやすく、また傾聴しやすい事も良かったです。

映画ハブルーターでは、娘と映画を一緒に観てハブルーターをさせて頂きました。

ハブルーターするなかでも1番印象に残ったのは、やはり、名著名言ハブルーターでした。

本や言葉を深く読み込むことが出来たからです。

最初は大変でしたが、だんだん習慣となり何度も何度もセンテンス単位で読み込む習慣ができ、今まで気付かなかった内容にハッとさせられたり、深く考えさせられたり、その気付きを家族と共有させて頂いております。

でも、まだまだ質問を作るハードルはあるので、そこを超える意識を持っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。